Top > Dramatic Fanatic

Dramatic Fanatic
HTML ConvertTime 0.038 sec.

ステージ説明 Edit

boss_sally_stageplay.jpg
舞台女優サリー。
ウェディングドレスを破り捨てて対戦開始です。
エキストラとの連携攻撃にも負けずに立ち向かい、舞台に幕を下ろそう。


攻略 Edit

サリーは常に現れている状態で当たり判定も彼女全体にある。
なのでショットはSPREADがおすすめ。
攻撃は、弾が大きいがスピードが遅いといった感じのものが多い。
なのでSMOKE BOMBを装備してダッシュでかわすようにすると戦闘がグっと楽になる。

第1幕 Edit

舞台は結婚式場。
ステージ上を自由に移動し、必殺技を繰り出してくる様子は対戦格闘ゲームを彷彿とさせる。
舞台の上部左右にある天使は実は足場になっていて、パリィを駆使することで乗っかることができる。
乗っている間は天使がゆっくり下がっていき、下がり切ると音が鳴る。
一定のダメージを与えると画面奥にテレポートして、車で旦那さんと共に舞台袖に。
両方の天使を下げ切ると背景の棺桶が落下し、旦那さんが押し潰され第2幕特殊ルートへ。
与ダメージ量に関係なく、潰された時点で特殊ルートへ移行する。

  • ワープ急降下
    大きな口に変形した傘を閉じてワープ、自機の真上から傘を回転させながらの急降下攻撃。
    消えた後に笑い声が聞こえたら、急降下してくる合図なので素早く横に移動して回避。
    移動し続けていれば避けることが可能だが、笑い声が聞こえたらダッシュを連続して回避するのが無難。
    急降下の後、舞台の端に追い詰められる可能性もあるが、基本的にサリーは空中移動からの攻撃をするので、ジャンプしたタイミングで下をくぐり抜けると良い。
    もし端に追い詰められるのが苦手な場合は、舞台の中央辺りをキープしながら戦うと良い。
  • 扇子投げ
    その場で回転しながら垂直ジャンプし、自機狙いで扇子を投げてくる。
    投げられた扇子はそのまま床に刺さり、一定時間画面留まり続ける特徴を持つ。
    床に刺さった扇子にも攻撃判定があり、接触するとダメージを受けるので注意。
    床に刺さった扇子は破壊可能。
  • ドリルキック
    その場で垂直に飛び上がり、ドリルキックを放つ。
    メチャクチャ身も蓋もなくわかりやすい表現するとダルシムのドリルキック的なやつです。
    下をくぐるなり後ろにさがるなりして避けよう。これもテレポートと同じくダッシュ併用で安全に回避できる。
  • 投げキッス
    投げキッスしてハートを飛ばして攻撃。ハートはパリィ可能。
    ハートは上下に揺れながら移動するが、横方向のスピードは遅いので難なくパリィできるだろう。
    この投げキッスが一番のパリィチャンス。距離を取っていると使ってくる頻度が上がるのでここで3回稼いでしまおう。

第2幕 Edit

舞台は邸宅へ。結婚して子供もでき、幸せな生活を送っている場面のようですが無常にも戦いは続きます。

  • ドリルキック
    第1幕と同じ。
  • 扇子投げ
    第1幕と同じだが、爆弾や哺乳瓶を避けたらその先にあった、という事故が起こることがあるので気を付けよう。
  • ネズミ爆弾
    傘を回し、左右にぜんまい仕掛けのネズミ爆弾を2回、計4つ出してくる。
    ネズミ爆弾は一直線に走り、舞台の端に来ると壁や天井に沿って飛行し、自機の真上に来ると落ちてくる。
    落下の起動は直線なのでチョイ避けしつつできるだけ近くに集めて落とすと戦いやすい。
  • 哺乳瓶
    背景の邸宅の窓から赤ん坊役の2人が真下へ哺乳瓶を落としてくる。
    ゆっくり落ちてくるのでかわすこと自体は難しくないが、攻撃の合図は早く、タイミングは完全ランダムなので、
    上記の攻撃にはさまれないように気を付けよう。

ある程度攻撃を与えればサリーが天に召される演出の後第3幕へ移行する。
旦那さんの迫真の涙の演技は必見。

第2幕・特殊ルート Edit

舞台は修道院。復讐に燃えるサリーと天罰を与えんとするシスターが攻撃を仕掛けてくる。
草むらから覗いているのも旦那さんではなく神父。

  • 定規
    第2幕通常ルートとの唯一の差異。哺乳瓶の代わりにシスターが窓からこちらを目がけて定規を投げつけてくる。
    狙い撃ちしてくる都合上哺乳瓶より他の攻撃と挟まれやすいので扇子や爆弾により注意を向ける必要がある。
    たまにピンク色の定規を投げてくるので、通常ルートよりパリィを稼ぎやすい。

ダメージを与え続けると通常ルート同様サリーが天に召される演出がされ、第3幕特殊ルートへ移行する。

第3幕 Edit

起承転結でいうところの「転」にあたるステージ。
「転」とはいっても唐突すぎる劇の展開にオーディエンスはついていけているんだろうか・・。
閑話休題。サリーはファイ○ルファン○ジーのラスボスっぽい風貌で登場。
次に繰り出される攻撃名のパネルが出てくるのもファ○ナルファ○タジーな雰囲気。
攻撃方法が完全一新されるので気を引き締めよう。この幕では本人はただ吊るされているだけで、
襲ってくるのは裏方のほう。

  • 隕石(METEOR)
    上から隕石が降りてくる。破壊すると中からパリィ可能なピンクの星が出現。
    星は舞台の上へ移動する。
    この星はつなみを交わすのに必要。
  • つなみ(BIG WAVE)
    裏方がおおきな波のパネルを持って舞台の端から一直線に突進してくる。
    通常のジャンプでは回避できないので、隕石の中から出てきた星をパリィして飛び越えよう。
    SMOKEBOMBを使えばそのままダッシュですり抜けられる。
  • カミナリ(LIGHTNING)
    カミナリの絵のパネルが降りてきて、床で跳ね返って上がっていく。

第3幕・特殊ルート Edit

サリーの下に先に召されていた旦那さんが居座り、接触するとダメージを受けるため実質移動できるのはステージの半分程度。
その代わり旦那さんへ攻撃してもダメージが通るので攻撃に関しては特に気を配る必要は無い。

  • 回転鋸(火の玉?)
    天使となった子役が通常ルートの攻撃に合わせる様に、太陽カラーの回転鋸を乗せた台車を転がしてくる。
    津波と一緒に来た場合、SMOKE BOMBだけ使っても引っかかってしまうこともあるため、ピンクの星を有効に使おう。

カーテンコール Edit

天使の状態で登場。画面上で左右に飛び回っているので上向きに撃とう。
やっぱり本人は吊るされているだけで、裏方が攻撃を仕掛けてくる。裏方さんお疲れ様です。
こちらが天に召される前にうちのめしてしまおう。
上述の通り本人は攻撃せずバラが落ちてくる頻度も低いので、実質傘だけに注意を向けていてもいい。
傘を避けつつ絶え間なく攻撃できるCHASERがオススメ。


ver1.2から背景に演者が集合するようになった。
第1幕の分岐で出る役者が変わり、旦那生存ルートでは旦那・子役二人・神父が、旦那死亡ルートでは神父とシスターが登壇する。
変わるのは役者だけで、どちらのルートを選んでもカーテンコールの攻撃に差は無い。



  • 前景の観客から賞賛の花が投げられる。もちろん当たるとダメージを受ける。
    ピンクの薔薇はパリィ可能。
    床に落ちてから消えるまでの間にもダメージ判定があるので、うっかり触ってダメージを受けないようにしよう。
    キレイなバラにはトゲがあるものだ。

  • カーテンコールが始まると同時に舞台中央にサリーの傘が落ちてくる。
    この傘はコマのように回転しながら左右に自機を追尾してくる。
    傘に当たらないようジャンプでかわしながら、サリーを攻撃していこう。

難易度EXPERT Edit

大きな変更点と呼べるものは存在しない。
強いて挙げるなら第2形態の哺乳瓶が降ってくる頻度が上がってるので注意すること。

敗北時のメッセージ集 Edit

 クリックで開く



このWikiはXboxone /PC で発売されたCuphead カップヘッドの攻略方法のまとめWikiです。
誰でも編集できます。

コメント Edit

ここは閲覧者の善意により、情報が提供されています。
丁寧なコメントをお願いします。


Show recent 10 comments. Go to the comment page. 画像を非表示

  • 第3形態で隕石→雷→大波という順番だと大波避けるの不可能になるのだが。隕石を画面外でもパリィしまくれば間に合うのかな? -- 2017-10-15 (日) 18:24:25
    • 隕石は破壊しなければ残るし技名見てから破壊しはじめても間に合うので次が雷の時は放置、大波が来る直前に破壊すれば良い。 -- 2017-10-17 (火) 19:03:22
  • アプデでカーテンコールの時に家族と神父が登場するようになったね -- 2019-04-20 (土) 10:59:16
  • 第1形態の時にパリィして両サイドの天使に乗ると天井が落ちて旦那が死んで別ルート入る
    第2形態の哺乳瓶が定規になったり第3形態は家族総出でケフカになって襲ってくる -- 2019-04-21 (日) 10:34:38
Name:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White