Top > ストーリー

【sWIKI】からのお知らせ
pccommentに画像を添付する機能を付けました。詳しくはTwitterを御覧下さい。
ストーリー
HTML ConvertTime 0.023 sec.

ストーリー Edit

DON'T DEAL WITH THE DEVIL Edit

20171002050131_1.jpg



むかしむかし、インクツボ島と呼ばれる魔法の国にカップヘッドとマグマンという2人の兄弟がいました。
2人は賢者エルダーケトルの厳しい監視のもとでしあわせに暮らしていました。


ある日のこと、2人は家から遠く離れてしまいました。
エルダーケトルのたくさんの警告にも関わらず、ついには約束を破って悪魔のカジノに入ってしまいました。


サイコロ台で連勝しているカップヘッドとマグマン!
「これはすごい!キミたちは負けなしだ!」カジノの胡散臭いマネージャー、ダイスキングが叫びます!
「素晴らしいね、坊やたち」笑いながら何者かがやってきました。
カップヘッド兄弟は驚きました。だってそれはカジノのオーナーの悪魔だったのです。


「ところでどうだ、掛け金を上げてみないかね?」
ギラギラした歯をむき出しに笑いながら、悪魔が提案してきます。


「もう一度坊やたちが勝てば、このカジノは君たちのものだ!」
「しかし負けた時には魂をいただくよ!いいかね?」
悪魔はささやきます。


カップヘッドはお金に目がくらんでサイコロをつかんで投げてしまいました!
「うわっ!!カップヘッド!やめろっ!!」
危険を察知したマグマンが叫びますが、すでに遅すぎました!


「スネークアイ!」*サイコロの目の1が2個揃うこと
悪魔の笑い声がフロアに響き渡ります。
「お前たちの負けだ!」
カップヘッド兄弟は煙の中から現れた巨大な悪魔の姿にガタガタと震えました。
「さあ!魂をいただこうか・・・」


カップヘッド兄弟は必死に命乞いをしました。
「な、何かべ、別の方法でお支払いできませんか・・・!」
マグマンがつっかえながらも必死に声を絞ります。
「そうです!お、お願いします。旦那!」
カップヘッドもうなずきます。


「ふむ、ならばこれだ」
悪魔は冷ややかに笑い、羊皮紙を取り出しました。
「このリストは逃げ出した債務者のリストだ、やつらの魂を私に持ってくれば2杯とも許してやろう」


「さあ今すぐ行ってこい!」
悪魔はそう怒鳴るとと乱暴に兄弟をけりだしました。
「明日の夜12時までにすべての魂を集めろ!でなければお前たちの魂をいただくぞ!」


カップヘッドとマグマンは慌てて必死に逃げ出しました
「いそげマグ!」
カップヘッドは息も絶え絶えに言います。


「ケトルじいさんのところへ行くぞ!きっとどうすればいいか知ってるはずだ!」

コメント Edit

コメントはありません。 Comments/ストーリー? 

お名前:

  URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

テスト的に表示しています。